【体験談】英語が全然聞き取れないときの勉強法

英語が全っ然聞き取れなくて、何を勉強したら聞き取れるようになるのか悩んでませんか?

そんなときには、この記事で紹介しているステップで勉強を進めてみてください。だんだん英語が聞き取れるようになるはず。

なぜなら私自身がこの勉強方法で、
TOEICのPart2からほぼ塗り絵状態→リスニングパート合計で400点近くまで伸びたからです。

この記事では、実際に私が英語を聞き取れるようになるためにやったステップをシェアしたいなと思います。

読み終えると、英語が聞き取れるようになるために具体的にどんなステップで何をすべきか明確になります。

ちなみに私、学生のころから英語はお世辞にも得意とは言えないレベルでした。
なので「学生時代から英語ニガテだったな…」って方も安心して読んでみてほしいです。

この記事はこんな人におススメ!
  • 英語が全然聞き取れなくて悩んでいる
  • 具体的にはTOEIC Part2以降ほぼ聞き取れない(正直、Part1も怪しい)
  • リスニング力アップの勉強方法が全く分からない
目次

英語が聞き取れるようになるための3ステップ

実際に私がやった、リスニング勉強法3ステップです。

フォニックスで発音を学ぶ

リンキングを知る

シャドーイング

この勉強で、最初のころよりだいぶ聞き取れるようになりました!

それでは具体的にご紹介します。

フォニックスで発音の基礎を身に着ける

リスニングのスキルを上げたいのに、なんで発音??と思われた方もいるかと思います。

聞き取れるようになるためには、発音のスキルは必須なんです。

なぜなら、自分で発音できない音は聞き取れないから。つまり発音ができれば、かなり聞き取れる率が高くなります。

わたしは発音を「フォニックス」で学びました。

近年注目されている英語学習法フォニックスは、アルファベットの綴り字と発音との間にもつルールを学ぶことで、さまざまな単語や文章を正しく発音できるための教育法です。

レアジョブEnglishLabより引用

フォニックスでは、アルファベットとその発音を音として覚えていく発音の学習方法です。

わたしの実感としては、発音記号で学ぶよりもずっと簡単で有益な発音の学習法だと思います。
友達に発音の勉強方法を聞かれたら、全力でフォニックスをおすすめします(笑)

ちなみに、私はこの本で勉強しました。

フォニックスを学ぶと、ついでに発音記号や音声が無くても英単語の発音がわかるようになります。

フォニックスで発音の学習をしてから、リーディングのストレスもかなり軽減しました。
どっちかっていうと、こっちの方が嬉しかったかもしれません。

▶【一石三鳥】発音を学ぶならフォニックス一択

リンキングについて学ぶ

英語をつなげて発音する事をリンキングと言います。

例えば、以下のような発音のことです。

「Nice to meet you」 →ナイストゥミーチュー
「Can I have ~」 →キャナイハブ ~

そう、リンキングは英語っぽく聞こえるコツの一つなのです…!(と私は思っている)

そしてネイティブの皆さんはリンキングたっぷりで話します。なので、英語を聞き取るにはリンキングを知ることも必須です。

リンキングはルールがあって、そのルールさえ覚えれば簡単です。

簡単なルールなのに、リスニングスキルは伸びるし、発音にも自信が持てるようになるし、リターンが大なので知って損なし!

▶発音スキルアップ!これだけ覚えるリンキング

↓リンキングについて詳しく説明してくれているサイトを見つけたのでご紹介。

The English Club「英語のリエゾン(リンキング)|3つの種類・詳細ルールと克服法」

シャドーイングで総仕上げ

発音に関しての知識を身に着けたところで、実際にネイティブの英語を自分で真似して発音するシャドーイングにチャレンジしました。

「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練法のことです。英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは異なり、シャドーイングは、聞こえてくる英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけるのがポイントです。

サイマルアカデミーwebサイトより引用

聞こえてくる英語を追いかけるように、聞こえてくるまま発音する感じです。

実際にやってみた感想としては、控えめに言ってもかなり難しい…。

YouTubeで見たお手本のような動画みたいにはできなかったけど、英語のスピードやリズムやイントネーションに少しずつ慣れていけたのは、シャドーイングのおかげだと思います。

最初はぜんぜんできなくて泣きそうになるかもですが、あきらめずに取り組んでみてください!
(私も心折れそうになったけど、テキストに書いてあるやり方を読みながらどうにかがんばりました…!)

↓わたしはこの本を使ってシャドーイングしました。やり方も書いてあるのでおすすめです。

【まとめ】英語が聞き取れないときにやること

こつこつとトレーニングを続けていくと、「あ!今の聞き取れた!」という体験が増えるはずです。

それでは最後に英語が全然聞き取れないときの勉強方法をおさらい。

–  学習方法3ステップ -

フォニックスで発音を学ぶ

リンキングを知る

シャドーイング

日常生活で英語を聞く機会がないと、リスニングのスキルを伸ばすってすごくハードルが高いですよね。

わたしも最初、英語はただの雑音と思うほど聞き取れませんでした。
そして前より成長した今も聞き取れない壁にぶち当たることが多いです…。だから、聞き取れない苦しみはよくわかります。

ホントに英語を身に着けるって果てが無い!

少し手ごたえを感じるまで結構きついと思うのですが、「今、なんて言ってたか分かった…!」という経験ってたまらなく感動します。

できればこの記事を読んでいるあなたにも同じように感動を経験してほしい…と思いこの記事を書きました。

昔の私のように、英語が全然聞き取れなくて悩んでいる人に届きますように。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる